■そもそもお墓って何?



   お墓は「ご先祖さまが眠っている場所」という風に
   お子さんにお教えになる親御さんも少なくないと思います。
   けれど、実はお墓というのは亡くなってしまった方の
   ためではなく、私たち現世に生きるもののために存在
   しているのです。

   あるお坊さんは、お墓の事を「あの世に通じている心の窓」
   という風におっしゃいます。私たちがお墓に向かうとき、
   私たちは心に亡くなった人のことを思い浮かべます。
   そして過去の自分を思い出し、自分もいつかこの世を去る
   ことを思います。ご家族やお子さん、あるいは親戚の皆さん
   とお墓参りをする時は、自分たちの共通の祖先、父親や母親、
   祖父母、叔父・叔母などを思うこともあるでしょう。そして
   自分たちが縁あってこの世に在り、いろんな人たちと結び
   ついていることを再確認するのです。

   立派な墓石をたてても、それだけではご先祖を供養したこと
   にはなりません。そこに縁ある人々と共にお参りをして、
   人の縁というものや自分の来し方行く末に想いを馳せて、
   日々の暮らしを大切に、ご縁を大切にして人生を豊かにする
   ためにお墓はあるのです。

   墓地に行くと、大変大きくて立派な墓石があるのに、花は
   枯れ果て、もう長いこと人がお参りした形跡のないお墓を
   見受けます。これでは全く供養していることにならないのです。

   現代人は孤独を好む方が増えていますが、私たちは決して
   一人で生まれ一人で死んでいくのではありません。そうした人の
   つながりあるいはルーツを確認するためにお墓は存在するのです。

   当サイトは右側のメニューから「墓石」に関する様々なテーマ
   を解説しています。是非各ページをご参考下さい☆

■本サイト人気コンテンツ

  ★ 霊園墓地と寺院墓地
  ★ どんなデザインがある?
  ★ 国産か海外産か?
  ★ 「いざ」という時…。
  ★ 石材店の選び方

■墓石関連サイト