■お寺の宗派と墓石



   霊園墓地と違い、寺院墓地の場合は、あくまでも
   「墓地を買う」のではなく、まずそのお寺の檀家になり、
   墓所をお借りするというのが前提条件です。檀家になる
   ということは、当然他の檀家さんとのお付き合いも発生
   しますし、お盆などのお寺の行事に参加しなくてはなら
   ない場合もあります。

   つい「面倒くさいなあ…」と思ってしまいがちですが、
   どうせ年に数回は墓参りをするわけですし、その延長で、
   お寺さんに供養をお任せしていると考えてみれば、実際
   にはさほど煩わしいものではありません。厳しい言い方
   をすれば、「供養をまったくするつもりがないのなら
   墓など最初からたてるな」ということです。

   さて、お寺にはそれぞれ宗派というものがあります。
   例えば五輪の塔をたてなくてはならない宗派もありますし、
   墓石の表面に経文を書く宗派もあります。寺院墓地で
   なく霊園墓地にする場合でも、ある宗派の檀家になって
   いればその宗派のルールを守らなくてはならないケース
   もあります。

   「うちは何の宗派の門徒でもない」という方もいらっし
   ゃいますが、どこかのお寺の寺院墓地と永代供養契約を
   結ぶということはその宗派の信徒になることを意味します。
   それがどうしても嫌だという方には、中には宗派を問わ
   ないという心の広いお寺さんもありますから、普段から
   そういうお寺を探しておくか、霊園墓地に無宗派の墓石
   をたてるのもひとつの手でしょう。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ 霊園墓地と寺院墓地
  ★ どんなデザインがある?
  ★ 国産か海外産か?
  ★ 「いざ」という時…。
  ★ 石材店の選び方