■お墓の引越しについて



   田舎から都会に出てきた方など、郷里の実家と疎遠に
   なっていらっしゃる方が、「自分は分家で、郷里の本家
   の墓のそばに墓があるけれど、その墓をいま住んでいる
   土地の近くに引越しさせたい」とおっしゃることはよく
   あります。また、「自分は別の宗派に移ったので、今の
   菩提寺から別のお寺に墓を移したい」というような要望
   もよく耳にします。

   こういう時気をつけなくてはならないのは、古いほうの
   お墓は従来の宗旨にそって「魂抜き」をしなくてはなら
   ないということです。ご先祖の霊は遺骨ではなく墓石に
   眠る、と考えられていますので、墓石からまず魂抜きをし、
   遺骨をさらえて新しいお墓に移す必要があるのです。

   だいたいのお寺さんでは、お墓の引越しを快く思っては
   くれません。ましてや自分の寺の墓所によその宗派の
   やりかたを持ち込むのは絶対に避けたいことです。
   くれぐれも配慮を怠らないでください。「自分は別の宗派
   に移るのだから、後は野となれ山となれ」というような
   気持ちではご先祖様の供養にも何にもなりません。

   立つ鳥後を濁さず。いままでお世話になったお寺さんには
   最後まできちんと礼を尽くし、気持ちよく引越しできる
   よう心配りをするべきです。もしもその墓所を更地にして
   返すならば、墓所の土もある程度の深さまで掘り、その土も
   新しいお墓へ一緒に持って行くのがよいでしょう。古いお骨
   は土に還すため、土に混ぜられていることが多いからです。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ 霊園墓地と寺院墓地
  ★ どんなデザインがある?
  ★ 国産か海外産か?
  ★ 「いざ」という時…。
  ★ 石材店の選び方